冴えない彼女の育てかたGS2感想

冴えない彼女の育てかたGS2の

感想・考察・パロディをまとめました。 

冴えない彼女の育てかた Girls Side 2 (富士見ファンタジア文庫)

冴えない彼女の育てかた Girls Side 2 (富士見ファンタジア文庫)

 

あらすじ

英梨々が渾身の力で描き下ろした、

たった1枚の絵に

大きく揺さぶられたblessing software。

自らのシナリオで

難局を乗り越えた倫也だったが、

その陰では少女たちの

「戦い」と「駆け引き」があった!

ノーテンキ娘と暗黒女子大生の

すれ違いだらけの女子トーク、

今は道を違えたかつての盟友ふたりの夜の密会、

悩めるイラストレーターの

同人誌即売会での"あり得なかった"出会い。

そして、加藤と英梨々が下した、

ふたりだけの答え…。

新生サークル最初の

危機の裏側とその後を描いた、

倫也の知らない少女たちの物語が、

再び綴られるー。

 

プロローグ

5月中旬。

あの絵について語る新旧blessing software。

 

第8.3話  エロインより愛をこめて

5月中旬の土曜日。

美智留ちゃんは詩羽先輩に助けを求める。

 

第8.5話  冴えない彼女の育てかたaround 30's side

5月中旬の水曜日。

町田さんと朱音さんは、

ある居酒屋で英梨々ちゃんと詩羽先輩について話す。

 

第8.7話  椿姫女子高校アニソン同好会の放課後

5月中旬の金曜日。

icy tailは、blessing softwareについて話す。

 

「アッキー彼女いるっていってんのにね」

「彼女に超嫌われそうだよね〜、あいつ」

「……絶対に戦争が起こる。間違いない」

実際に正妻戦争が起こる。詳細はGS3を参照。

 

第9.5話  ところで表紙の女の子って一体誰ですか

出海ちゃんは、同人誌即売会に参加する。

そこで出海ちゃんは、相楽真由に出会う。

 

だから、今彼女が話しているのは、

ここではあくまで仮定の話。

例えば、違う世界線の話。

詳細は恋するメトロノームを参照。

 

第9.4.5話 1泊2日の修復

恵ちゃんと英梨々ちゃんは、合宿に出かける。

これは彼女達の絆を修復するための旅行だった。

 

半年前、

サークルメンバー全員で訪れた丘に、

ふたたび辿り着いた。

冴えない彼女の育てかた0話を参照。

 

 

エピローグ

icy tailの初ライブ。

そこには、blessing softwareの全員がいた。

 

ある者は、敵に取り込まれない、

強い自分でいるために。

ある者は、敵の懐に飛び込み、

もっと強大な敵を打ち倒すために。

ある者は、敵の懐に飛び込み、

そこにいる大切な仲間を守るために。

ある者は、楽しく生きていくのと

上に昇っていくのを両立するために。

ある者は、もう1度、

かつての楽園を取り戻すために。

出海ちゃん:敵に取り込まれない、強い自分でいるために。

英梨々ちゃん:敵の懐に飛び込み、もっと強大な敵を打ち倒すために。

詩羽先輩:敵の懐に飛び込み、そこにいる大切な仲間を守るために。

美智留ちゃん:楽しく生きていくのと上に昇っていくのを両立するために。

恵ちゃん:もう1度、かつての楽園を取り戻すために。

 

「気持ちってのは、

 変わり続けるものだよ、英梨々」

「それって」

「ずっと、何とも

 思ってなかった相手だったのに、

 ある日を境に、その、

 そうじゃなくなる、こともある」

「え……」

「もちろん、そうじゃなくなったはずなのに、

 またある日を境に元通りになることだってある」

「どっちなのよ!?」

「さぁ、どっち何だろうね?

 ま、でも、1つだけ言えることは……」

「言えることは?」

「少なくとも、1度は変わったこと、あるよ?」

「…………」

「英梨々は?」

「あたしは、変わったことなんか、ない」

「でも、大きさは変わるよね?

 大きくなったり、小さくなったり……」

「そりゃ、そういうことはあるけど、でも……」

「でも?」

「小さくなったことは、ないなぁ」

「……あ〜」

倫也くんについて語る、

恵ちゃんと英梨々ちゃん。

恵ちゃんは、

倫也くんを好きになったことはあると述べる。

英梨々ちゃんは、

倫也くんを昔から今までずっと好きだと述べる。

 

まとめ

はい。というわけでGS2のまとめでした。

GS2では、遂に

恵ちゃんと英梨々ちゃんの和解が描かれました。

そして2人が倫也くんを

どう思っているかについても。

 

8.3話では、

詩羽先輩と美智留ちゃんの繋がりが出来ました。

また9.4.5話では、

恵ちゃんと英梨々ちゃんが仲直りを果たしました。

これにより、FC組が今後登場しやすくなりますね。

 

エピローグでは、icy tailの初ライブが描かれます。

いや、なんかこれが最終話でも

驚かない位の完成度に驚いています。

 

この巻を読むと、

最終巻のエピローグでは、

倫也くんと伊織が会社を立ち上げて、

恵ちゃん、美智留ちゃん、出海ちゃんは

その会社に勿論所属し、

そこに英梨々ちゃんと

詩羽先輩が帰って来るのかな。

 

というか今までの伏線を回収する為には、

このエンディングしかないから……

次は詩羽先輩3週目の10巻で。